修了者の声

人事領域の課題に経営の視点を活かす 秋元 潤さん(2009年3月修了)

なぜHMBAへの進学を決めたのでしょうか

私は大学を卒業後、大手総合重工メーカーに勤務し、主に事業所や本社、子会社の人事部門を20年ほど経験してきました。HMBAコースに進学したいと思った直接的な動機は、 M&Aした子会社への出向時に人事領域以外の分野に関心が広がったためです。子会社の人事は経営陣と距離が近く、人事領域の課題を経営の視点から考える機会を与えられました。そのときに戦略や財務など経営に関する基礎知識が必要だと思うようになりました。

HMBA在学中はどのように毎日を過ごしていましたか

入学前に、すでに当社より企業派遣された社員から情報を得ていたので、勉強できることがとても楽しみでした。彼らから「ほとんど寝る暇」がないと事前に聞いていましたが、特に1年の夏学期は文字通り寝る暇がありませんでした。HMBAには、様々な年代、企業派遣もいれば新卒もいて、さらに留学生もいて、とても新鮮でした。入学した時には40歳手前でクラスの中ではかなり年寄りの部類だったので一緒にやっていけるか心配でしたが、結果としては今もお付き合いできる幅広い年代の友人を作ることができました。

 

特に記憶に残っている講義は、1年夏学期の古典講読、経営戦略、2年夏学期の理論構築の方法です。古典講読は、文章のまとめ方・書き方を改めて学ぶ機会となりました。この年齢になって論旨を適切に表現することの難しさ・大切さを思い知りました。経営戦略の講義は、MBAに入学したことを実感させるものでレポートの事前提出とクラスディスカッションで戦略とは何かを学ぶことができました。2年次の理論構築の方法は、ワークショップレポートを書くうえで参考になっただけでなく、その後物事を説明したり、相手を説得したりする場面で役に立っています。

 

2年次には、組織・人事に関するワークショップに入りました。HMBAでの勉強を通じて戦略と人事の両面に関心を持つようになったので戦略寄りのテーマを研究しました。先生からは毎週アドバイスをいただき、視野狭窄に陥らずに最後までレポートを書き上げることができました。また、ワークショップのメンバーとの意見交換からも大いに刺激を受けました。担当された先生には、その後も仕事の面でのアドバイスをいただくなど、卒業後もお世話になっています。

HMBAで学んできたことは、現在のお仕事にどのように活かされていますか

HMBA修了後、勤務先での復帰部門は、経営企画部でした。経営企画部では中期経営計画を担当したため、HMBAで学んだ多くのことを実務に生かすことができました。


HMBAに掲げられている「理論と実践の往復運動」という言葉は、入学以来、何度となく先生方から言われたことです。その真意を理解できたのは職場に戻ってからでした。日々変化する現場の状況を理解するのに理論はフレームワークを与えてくれます。ただし、具体的な答えまでは与えてくれません。起きている(起きようとしている)事象のメカニズムを考え、ありたい姿に近づけるために様々な手を打っていく。それはまさに往復運動です。そうはいってもふと気が付くと往復運動を忘れている自分がいます。まだまだ活かしきれていません。

 

現在は、人事部に異動し、人材開発を経て、評価・昇進・異動を担当していますが、人材開発の一つには、将来の経営幹部育成プログラムもあり、HMBAで学んだことはカリキュラム設計の上で役に立っています。

米国での人事担当者会議;中央で立っているのが筆者

在学生・受講を志す方へのメッセージ

HMBAで過ごす2年間は、人生でもっとも脳みそを使う時間です。ほとんど寝られない日々も卒業してみると懐かしく思い出されます。自分が学びたいことを学べたかどうかは他人からはわかりません。なので、ある程度で勉強を切り上げることも可能です。ただ、それは自分自身のためになりません。とことん考える、徹底的に議論する、ぎりぎりまでレポートを書きなおす。2年間必死になって学んでください。 それから勉強できる環境におかせてくれている周りの方への感謝を忘れずに。

卒業式の日に図書館で息子と

(2016年11月4日)

ページトップへ

濃密な2年の経験を仕事に活かす 今西 直美さん(2009年3月修了)

なぜHMBAへの進学を決めたのでしょうか

私がHMBAを志望した理由としては、 経営学を体系的に学びたいと思ったこと、HMBAで学べる範囲の広さが自分にとって合っていると感じたこと、師事したいと思っていた先生がおられたことが挙げられます。

私は、HMBAに入学する直前まで、金融機関の人事部門で、採用、人事管理、人材開発など、幅広く担当してきました。現場での人事の仕事は大変面白く続けたいと思う一方で、会社における人事の役割-経営のパートナーとして今後人事を支えていくには、経営そのものの体系的な知識と理解が不可欠と強く感じるようになり、自分の不足点を補うための手段の一つとして、HMBAへの進学を考えました。

HMBAでは、経営のリテラシーを講義やケーススタディなどを通じて学び、経験することができます。入学を考えていたのは、社会人になってから10年を超えた頃で、この先のキャリアを考える上でも、実務からいったん距離を置いて、じっくり集中して経営を学ぶのにもよい機会だととらえていました。

さらに、HMBAでは、グローバルトップカンパニーの競争戦略だけでなく、日本の労働市場などの個別要素も加味した上での日本企業独自の戦略、さらに経営史や、経営哲学、経営者論など、歴史的見地や世の中の価値観・考え方と企業のあり方、経営者の育ち方といった、経営をあらゆる視点から多角的に掘り下げていきます。ケーススタディだけでなくいろんな事象を有機的につないで検証していく学び方のスタイルが私には合っていると思いました。

ちょうどその頃、守島基博先生が書かれた『人材マネジメント入門』という書籍に出会いました。この本を読んで、実務でモヤモヤしていた「点」の経験が、複数の「線」につながっていくのを感じました。そこで、守島先生のもとで人材マネジメントをしっかり学びたいと思い、HMBAを強く志望しました。

HMBA在学中はどのように毎日を過ごしていましたか

HMBAでの2年間は、ほぼ毎日、講義の有無にかかわらず、朝から国立キャンパスに通いました。講義は1日2〜3コマ程度でしたが、講義の合間に、グループ討議をしたり、自習室などでレポート作成をしていましたので、密度の濃い時間をすごしたと思います。

HMBAの1年目は講義中心で、「体系的に、網羅的に」「少しでも興味のあるもの」という観点から科目選択をしました。2年間という限られた時間のなかで、より多くの知識を早めにインプットして、研究につなげたいと思ったのがその理由です。結果的に1年目で集中的にインプットしたことが2年目のワークショップ論文の構成などにも活かす事ができ、よかったと感じています。

2年目はワークショップを中心とした生活でした。守島先生のワークショップでは毎週全員が進捗を報告し、意見交換する形で進められます。多様なバックグラウンドを持つメンバーからのアドバイスは、とても刺激のあるもので、論文の内容に厚みをもたせてくれるものになりました。毎週のワークショップをペースメーカーに、論文を仕上げていくことができました。

社会人学生にとって貴重だったのが、「夏季休業」などの長期休暇です。この期間、留学生主催の台湾ツアー、モンゴルツアーなどに参加し、現地の企業訪問や他の大学院生と交流をすることができました。

学期中の講義で事例として出ていた産業集積の地域に実際に足を運んで現地の人と交流したり、講義外に開催されていた勉強会に週1回有志で参加したりもしました。いずれも、学期中に学んだことを広げたり深めたりすることができて、今でも思い出に残るほど、充実した時間を過ごすことができました。

在学中に訪れた台湾研修にて

HMBAで学んできたことは、現在のお仕事にどのように活かされていますか

現在は、日本の製造企業の経営企画部で中期経営計画を担当しており、HMBAで学んだことを、業務のあらゆる面で活かすことができていると感じています。

私が担当している業務では、例えば、現場で起きているさまざまな事象の要因分析などの場面で、限られた情報・時間のなかで、方向性を導出しなければなりません。このような制約の多い状況の中で、HMBAで獲得した「経営学の引き出し」は、具体的な状況を想像したり予測して仮説を立てて、検証していく作業の中でフル稼働しています。

また、HMBAでは、レポート作成を通じて、一定の枠内で要旨・伝えるべきことをまとめて、文章として残すトレーニングを積み重ねるので、文章構成力や表現力、言葉にこだわる力などが身につきました。この力は、様々な分析レポート作成だけでなく、中期経営計画を社内に浸透させる取り組みや、経営者メッセージの作成などの場面においても、非常に役立っています。

このように、HMBAでの学びは、卒業してから何年たっても、じわじわと、確実に活きてきています。先日のマーキュリー会(注:HMBA修了者の同窓会)の総会で、ある先生がおっしゃっていたHMBAの社会的役割を改めてかみしめつつ、学んだことや経験を新しい価値につなぎ、社会に役立てていけるよう、精進していきたいと思っています。

(2015年2月16日)

ページトップへ

会社の変革に合わせて、自らも変わる 上原 芳久さん(2010年3月修了)

なぜHMBAへの進学を決めたのでしょうか

私は、東日本地域の高速道路の建設・管理を行う企業に勤務しています。私の会社は民営化に伴い、特殊法人から株式会社として自ら稼ぐ自立していくことになりました。その流れで、公共性の高い高速道路の建設・管理運営の事業と、サービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA)などの事業が、新しい会社における収益の柱とされました。

そのような状況で、私は収益事業に配属になり、子会社の設立や、SAやPAの商業施設の新設・改築といった、民営化前にはなかった分野を経験することになりました。そこで、「真の民間企業とはどういうものか」とか、「稼ぐとはどういうことか」といったことについて、ゼロから体系的に学びたいと思いました。私は、もともと理系出身の技術職だったので、経営や経済に関する専門的知識がないと感じており、新たな業務を手がけていった際に、ビジネスの基本的な考え方を身につけたいと思いました。それが、HMBAに進学した理由の1つです。

他にも2つほど、HMBAへの進学を決めた理由はあります。その1つは、鉄道会社をはじめとする交通インフラ系の会社で高い収益性をあげている企業を、本格的に調査・分析したかったということです。大企業やインフラ企業において、安定と成長の両立はどのようにして実現できるのか、またお客さまや社会的に認められる企業にはどうしたらなれるのかについて、事実関係に基づいて、きちんと考えてみたいと思っていました。

もう1つは、それまでに積み重ねてきた自分の経験を振り返ることで、自らの視野を広げたいとも思っていたということです。私は入学時点で社会人としての経験を10年程度積んでいましたが、自分の考え方と社会とのズレを認識し、偏った人間になりつつあるものを修正するよい機会ととらえたのです。

HMBA在学中はどのように毎日を過ごしていましたか

私の自宅は横浜にあり、国立まで2時間半ぐらいかけて、通学していました。このように、大学の近所に下宿していた同級生とは違って、毎日多くの時間を通学に割いていたことに加えて、家族もいるということもあり、時間管理にはとても苦労しました。

そのような状況で、「経営という、ある意味では答えのない課題を、どれだけ深く考えらえるか」という課題に対して、限られた時間内でグループワークを進めて、情報を収集して、アウトプットをしていくプロセスは、本当に大変でした。授業がある期間中は、課題に追われるような感じで、毎日を過ごしていました。

その一方で、HMBAで過ごした日々は、自分に対する限界も自分で設定できるという自由度がありますが、優秀な先生や仲間にも恵まれ、自らの学習の未熟さも、思考の浅さも気づかされることも多く、とても刺激になりました。

このように、授業期間中は忙しく過ごしていましたが、夏休みなどの長期休暇時は、普段の授業でできなかった家族との時間を大切にしたり、じっくり読書をしたりすることにして、メリハリをつけて過ごすように、心がけていました。また、海外研修に参加したり、2年目のワークショップで合宿に行くといった講義外での経験も、非常に有意義でした。

HMBAで学んできたことは、現在のお仕事にどのように活かされていますか

私は、HMBA修了後に勤務先の企業に戻りました。今から振り返って、HMBAで学んだことで重要だったと思うのは、単なる理論の習得だけではなく、深い思考をどれだけできるかという頭の使い方を身につけたり、それが重要だということを心の底から理解したことです。

HMBAを修了してからは、目に見える現象の本質とは何かといった点を、日頃から意識して考えるようになりました。大量に飛び交う情報に流されることなく、その背後にある論理などを考えるように努めるようになったことは、以前と大きく異なる点だと思います。

また、経営・経済の視点から、自分が勤務する会社や他社の動向を考察して、幅広い視点からアプローチをするようにもなりました。先程申し上げたように、私は理系出身ですので、このような点でも入学前との違いを感じています。

実務でも、業務を進めていく上での課題解決方法として、関係者を動かすためのアプローチにも経営戦略や組織論、マーケティングなどの知識は関係者を動かしたりする上で、大いに役立っています。

(2015年2月24日)